フジッコ 善玉菌のチカラのご紹介

  • 善玉菌のチカラ1
  • 善玉菌のチカラ2
  • 善玉菌のチカラ3
  • 善玉菌のチカラ4
  • 善玉菌のチカラ5
  • 善玉菌のチカラ5
  • 善玉菌のチカラ5

カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌『善玉菌のチカラ』のレポート

 

1:1ヶ月に約35,000袋以上売れているHIT商品。

 

2:カスピ海ヨーグルトの乳酸菌『クレモリス菌FC株』が1粒に

    10億個以上。 

  → クレモリス菌FC株について

 

3:日本人が1日に不足しているカルシウムが含有。

 

4:他社よりもコストパフォーマンスがよい。

  → 他社との比較表

 

 

 

 

 

今回紹介した乳酸菌『フジッコ 善玉菌のチカラ』の公式サイト

  → フジッコ 善玉菌のチカラ

 

 

 

ページTOPに戻る↑

 

乳酸菌 『クレモリス菌FC株』とは?

 

『クレモリス菌FC株』とは、カスピ海ヨーグルトを作る乳酸菌で、独特の粘りをつくるチカラがあります。そして、その粘り成分の元となる多糖は、人の消化酵素によって分解されないことが分かっており、乳酸菌そのものだけでなく、乳酸菌がつくりだす多糖にも、血圧値の抑制や免疫力UPなどさまざまな効果が期待できます。クレモリス菌FC株がつくりだす多糖は、消化されずに腸まで届くので、より高い健康効果が期待できるでしょう。

 

『クレモリス菌FC株の主な効果をまとめてみました』

 便秘予防と改善

クレモリス菌FC株は、高い整腸作用で排便習慣を改善してくれます。
まず、なぜ、人は便秘になるのでしょうか?

それは、通常、人の腸には排便作用に欠かせない善玉菌が約1割、便秘を引き起こす悪玉菌が約1割、残りの8割に日和見菌と呼ばれる菌が存在します。

この日和見菌は、腸の中に善玉菌が増えれば善玉に、悪玉菌が増えれば悪玉に変わってしまうのです。食生活など様々な要因で腸内環境が悪化し、悪玉菌が増え、腸内がアルカリ性になると日和見菌もたちまち悪玉菌になってしまい、便秘がおこってしまうのです。

つまり、便秘のない健康的な腸内環境を保つには、いかに腸内を酸性に保つかにかかってるのです。

クレモリス菌FC株など有能な乳酸菌をとることによって、腸内の善玉菌が増え、日和見菌も善玉菌化され、その結果、腸内が酸性になり、腸の活動が活発になり、お通じがよくなるということです。

 肌荒れの改善

カスピ海ヨーグルトの粘り成分は、このクレモリス菌FC株が産出する多糖類で、肌の機能障害を抑え、新陳代謝を正常に整えて、健康な肌を作ります。
人はストレスを感じると、ホルモンバランスが崩れて肌のバリア機能が低下したり、新陳代謝が乱れるなどの機能障害が生じてしまうので、特に女性など肌荒れが気になる方は、乳酸菌の摂ることをおすすめします。

 免疫力の強化

クレモリスFC株が作り出す多糖には、免疫活性作用があります。
さまざまな実験によりクレモリス菌FC株を摂取するとNK活性の上昇が見られることがわかっています。

このNK(ナチュラルキラー)細胞とは、白血球の中に存在し、外部から体内にウィルスや細菌などが侵入するとすかさず攻撃し、私たちの身体を守ってくれる
非常に大切な免疫細胞のことです。

特にNK細胞は、免疫細胞の中でも最も最前線で働く細胞で、体内を独自でパトロールし、ガン細胞やウィルス感染細胞を発見すると攻撃をし、やっつけてくれる優秀な細胞です。インフルエンザウィルスにも効果が期待できる乳酸菌ですので、風邪やインフルエンザにかかりやすい方にもおすすめします。

 アレルギー体質の改善

小腸には、全身の免疫細胞の約60%が集まり、異物から細胞を守る役割をしています。アレルギー体質を改善していくには、この小腸の腸管免疫を高めるが有効です。クレモリスFC株には腸管免疫を高める作用があるため、アレルギー予防・改善に有効であるといえるでしょう。

 肥満気味の方に

クレモリスFC株には、血糖値の上昇を抑える効果があることがわかっています。血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げるためにすい臓からインスリンが分泌されます。
しかし、インスリンの大量分泌が繰り返されると、インスリンの分泌能力が次第に低下し、これが慢性化すると、肥満や糖尿病になったりします。
クレモリスFC株が作り出す多糖成分は、消化されないので、食物繊維と同じような働きをし、糖の吸収を阻害しますので、血糖値が高い方や肥満気味の方にもおすすめします。

 コレステロール値の低下作用

健康な方であれば、ある程度ならばコレステロールを摂りすぎても、必要以上に吸収されることはないのですが、高コレステロールの方は、コレステロールを蓄積しやすい状態にありますので、食事から摂取するコレステロールをいかに減らすかが重要になってきます。

乳酸菌には、一部のコレステロールが乳酸菌体に吸着されて、対外に排泄されるという作用があることがわかっています。また、乳酸菌体のコレステロール吸着に関する働きは、生きた乳酸菌でも加熱処理して死んでしまった乳酸菌でも、同様の効果が期待できることが確認されているそうです。
乳酸菌の中でも特に、クレモリスFC株はコレステロール値の低下作用があることがわかっています。

今回紹介した『フジッコ 善玉菌のチカラ』の詳細情報はこちら