ネット通販を利用する女性

初めての通販!低用量ピルを個人輸入

低用量ピルは日本ではドラッグストアなどで販売が出来ないので入手するには医師の診断が必要になります。ですが、どうしても病院に行く時間が取れないという場合や単純に病院が苦手といった場合などでは海外から個人輸入するという方法があります。海外からの個人輸入といっても難しい事は全くなく普通の通販サイトでのお買い物のような感じで購入する事が出来ます。低用量ピルだけでは無く様々な医薬品を購入する事が出来ますし、薬の種類によってはジェネリックを選ぶ事も出来ます。
低用量ピルを個人輸入で入手しておく事にはメリットがあります。医師の診察無しで購入出来るのでいつでも入手出来るという事です。普段はピルを服用しないという方でも、避妊に失敗した時の事を考えると「お守りがわりに持っておきたい」という事もあるでしょう。ですがそういった理由では処方されないという可能性があるというか処方されない可能性の方が高いです。ですので個人輸入の出番となるわけです。低用量ピルには様々な種類がありますのでどれが良いか事前にリサーチしておくのも良いでしょう。ですが、個人輸入で気を付けなければならない事に副作用の問題があります。低用量ピルは以前の中用量ピルに比べると副作用は大分軽減されていますが、全く無いという事ではありません。服用に関しての注意事項は記載がされていますが、その事までを考えると十分ではありませんし、個人によって薬との相性もあります。個人輸入に限った話ではありませんが、基本的に医師の処方の無い薬の服用は、服用後何が起きても自己責任というリスクがあるという事だけは念頭に置いて、服用の注意をきちんと守り服用するように心がけましょう。