ネット通販を利用する女性

皮膚科でも低用量ピルが貰えるの?

低用量ピルと言えば避妊のための薬です。それなのに、皮膚科でも処方してもらえるものなのでしょうか。
女性の身体は女性ホルモンの分泌量が変化することにより、様々な影響をうけます。女性ホルモンの中のエストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれているほど美肌に対する効果が高く、ハリや潤いのある肌にしてくれたり、女性らしい身体つきを作るために必要なものです。女性ホルモンの分泌はストレスや栄養不足などのちょっとしたことで大きく乱れてしまい、女性の肌に大きな影響を与えてしまいます。また、ホルモンの分泌バランスが崩れてしまうと、本来なら女性には少ないはずの男性ホルモンの影響が大きくなってしまい、男性ホルモン特有の肌の脂分が多く出てくる、という状況になってしまいます。これらの理由により、女性の肌は女性ホルモンの影響によって荒れたりニキビができたりしてしまうのです。
低用量ピルには女性ホルモンのバランスを整える効果があります。また低用量ピルの中には、最初にニキビ治療薬として肌のことを考えて作られていたものもあったり、避妊目的で低用量ピルを利用していたら毛穴が小さくなったり、肌荒れがなくなったという声も少なくありません。ホルモンバランスが乱れたことが理由で肌が荒れたりニキビがなかなか治らないという人には、皮膚科でも低用量ピルが処方されているのです。
低用量ピルを服用すると、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、下痢、めまいといった副作用が起こる可能性があります。皮膚科で処方されているものは副作用が少ないものが多いと言われていますが、体質によって他の人では症状が出なくても重い症状が出てしまう可能性があります。その点を考慮して処方してもらうようにしましょう。