ネット通販を利用する女性

低用量ピルやリングは女性が行える避妊方法です

低用量ピルは、女性が自分の体を守ることのできる一番確実な避妊方法といえます。
低用量ピルを正しく服用すれば、ほぼ100パーセントの確率で避妊することができ、中・高用量のピルに比べると含まれるホルモン量が少ない分、安全性が高いのも特徴です。
ピルは毎日同じ時間帯に飲み続けることが大切です。ピルを服用することで妊娠したような環境を作り、着床や排卵を抑制して効果を得ることができます。
また女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、生理痛の軽減やにきびの改善など女性特有の症状にとっても効果があるため、処方される薬でもあります。
ただ薬であるため副作用もあります。
主な症状は、吐き気や眠気、頭痛など妊娠初期にみられるようなものですが、こうした副作用のほとんどは飲み続けることで徐々におさまっていきます。
中には乳ガンや子宮ガン、血栓症などの大きな副作用が起こることもあるので、初めて服用する場合や喫煙している人、高齢の人などは医師に相談することをおすすめします。

ピル以外の避妊道具としては、避妊リングがあります。このリングは避妊に高い効果と安全性があるため、出産後にしばらく妊娠を避けたい場合や妊娠を望まない人に適した方法といえます。
避妊リングの正式な名称は、子宮内避妊用具で子宮内にして使用します。現在使用されているものはT字型をしていますが、以前はリング型だったことから避妊リングと呼ばれています。
リングが膣の中にあることで体内の異物排除機能が働いて受精卵を着床しないようにします。
リングは市販されておらず、婦人科などの専門家によって診断を受ける必要があります。処置時間は数分ですむため特に入院などの必要はありません。一度装着すると数年は効果が持続し、日常生活で特に控えることはありませんし、低用量ピルのようにその都度準備する手間もありません。