ネット通販を利用する女性

低用量ピルへの誤解と風俗嬢について

風俗嬢とは、文字通り、風俗で働く女性たちのことです。

主にキャバクラ譲、水商売の女性たちのことであり、キャバクラ譲の場合には、営業のために、男性客と体の関係に複数なる人もすくなくなく、多くの男性と関係を持っているキャバクラ譲がたくさんいます。

そのような風俗嬢の人たちが誤解しがちなことですが、低用量ピルを飲んでいれば、妊娠しない、という誤解です。

これは大きな間違いであり、低用量ピルを飲んでいるから、男性客と体の関係になっても大丈夫である、そのように考える風俗嬢の人がたくさんいます。

しかし、風俗嬢、キャバクラ譲の仕事をしている人たちは、低用量ピルさえ飲んでいれば、妊娠を絶対にしないと思い込んでいますが、それは大きな間違いであり、実際に妊娠をしてしまい、結果、男性が拒絶を行い、赤ちゃんをおろす、という残酷なことになってしまうケースがたくさんあります。

低用量ピルが避妊できるものであり、絶対に妊娠しない、そのような考えは誤解であり、よく風俗嬢やキャバクラ譲に浸透している事柄ですが、実際にはそのようなことはなく、赤ちゃんがおろされてしまう、またはもっと残酷なケースになってしまうこともたくさんある世界です。

また、キャバクラ譲や風俗嬢の店舗では、低用量ピルさえ飲んでおけば、妊娠はしないから、営業のためにも、自分のためにも、お金をどんどんと稼ぐために飲むようにとすすめる店舗もあります。

またはキャバクラ譲や風俗嬢で働く女性はお金が欲しい人が多いため、少しでもお金をえられるように、どんどんと体を売り、その結果、低用量ピルを飲んでいても、複数の男性と性交渉を行い、誰の子供か分からない、そのような悲しい実態がいくつもあります。