ネット通販を利用する女性

低用量ピルと妊娠の希望と中絶について

低用量ピルは、妊娠を防ぐためのものである、そのような認識が大きくされているものであり、実際に妊娠を防ぐ役割として、低用量ピルはありますが、確実に妊娠を防げるものではありません。

また、低用量ピルは、月経困難症などの、生理痛が酷い方のために、処方がされるケースもあり、そのため、そのような処方された低用量ピルを飲んだから、性交渉を避妊などを行わなくても大丈夫、と体の関係になってしまった場合、希望しない妊娠が起こってしまうことが大きくあります。

また、相手の男性も妊娠に対して知識がなかった結果、避妊の準備をしていない場合などもあり、お互いが妊娠を希望していない場合には、しっかりと避妊の準備をおこなっていなければなりません。

また風俗嬢やキャバクラ譲などの夜のお仕事をしている方の場合、多数の男性と性行為を行うため、低用量ピルを飲んでいれば、妊娠などはしない、妊娠は希望していないけれど大丈夫、と考える方が多いですが、実際には望まない妊娠の結果、中絶を何度も繰り返すというパターンがあります。

そのため、中絶を何度も繰り返した結果、体に異変が生じたり、赤ちゃんが産めなくなってしまったというケースも多々あるのです。

また、中絶の手術などは、医師や看護師も望まないことが多いものであり、ほとんどの人が、中絶に対して、レイプなどの酷い暴力などの結果を除けば、社会的にも避難される行いです。

中絶は、一度、赤ちゃんができた状態を、赤ちゃんを殺す形になってしまうため、命を奪っているケースと同じであり、そのため、大きく非難がされています。
また、別の国によっては、大きな罰として、刑罰が処せられるケースもたくさんあります。